エキスパートニュース

vol.6『トイレットペーパーからわかるチームの課題』

連日の猛暑から逃れるように、私は某シェアオフィスを利用しているのですが、そちらのお手洗いで、トイレットペーパーの雑な使い方が度々目につきます。次に使う方のことを思い、キレイにスマートに使用したいものです。

思えば、私が某ブランドのストアマネージャーに就任したてのころ、そのブティックメンバーのみが使用しているお手洗いで、度々トイレットペーパーの補充がされていない事態に遭遇しました。当初、スタッフ30名ほどのブティックは、チームの結束が弱く、朝礼や連絡ノートではメンバーの指摘関連が多く、なにか殺伐としていて、チームであるのに単独で動いている“冷たさ”を感じていました。そこで、就任後初の全体会議の開口一番に私は、トイレットペーパー補充されていない問題を上げました。みんなは一同に、想定外の私の指摘に「え?そこ?」というキョトンとした表情は今でも忘れられません。

自分さえよければ良い!という考えが普段の行動に出ているということは、チームでの仕事、またそれはお客さまに対しても行動に出てしまっているのではないか?と問いました。私は、彼女たちにチーム力の強さ、夢を売る私たちのお店は個人商店ではない、ということを体感してもらうために、店舗対抗で行っていたキャンペーンで優勝を勝ち取る!ことを宣言し、新入りも中堅もベテラン組もミックスしたチームを編成、各チームリーダーを鼓舞し、個人ではなくチームで達成するのだ!というベクトルに合わせていきました。結果は全国トップ3に入り、その後も自信のついたチームは、トップに君臨する店舗へとのし上がっていきました。それと同時に、お手洗いで慌てることがなくなったのは言うまでもありません。(苦笑)

今、新店舗オープンや人員調整による人事異動などで、新しいチームメンバーが組まれている店舗も多いと思います。ひとりひとりが“次”を考えて行動できると、チームのベクトルの方向も自ずと定まってくると思います。先ずは、貴店のトイレットペーパーチェックをしてみませんか(笑)

マッケンエキスパートのフィールド改善プランとは

エキスパートが店舗に短期間入り、KPIの進捗状況、チームの状況、スタッフ個別の育成の進捗、トレーニングの浸透具合などを観察し、改善施策案を提示いたします。“点”だけでみるミステリーショッパーに変わる、マッケンエキスパート独自のフィールド改善プランになります。

McKEN‘s field improvement measure plan is, the expert join the store for a short term at first. We mainly observe, KPI progress, team situation, performers roles with effort, and training progress. Second, we do present a proposal for improvement measures plan based on those view points.
McKEN expert’s field improvement measure plan is profound deeply in the field that replaced “mystery shopper” who see only the moment.

関連記事