社会的アクション

OMA Japanの取り組み

OMAとは

OMAとはOpen Minds through Artの略で、認知症の方のための交流型創作アートプログラムです。
認知症の方が筆を持ちキャンパスボードに向かい、絵を描くという創造的な機会を得ることで、社会参加、自律性、尊厳を高めようとするプログラムです。
さらにそのアート作品を美術館等で地域公開。認知症の方が持つ創造的な自己表現能力を社会に見てもらう場も用意します。失われたこと・できないことに焦点が当たりがちな「病気中心の観方」から、成長すること・できることに焦点を当てる「人間中心の観方」へシフトする。その過程にボランティアや地域市民が関わることで、認知症の方との関係づくりや社会創成にもつながっていく。
OMAはそんな市民参加型の新しいアートプログラムです。

OMA Japanについて

OMA JapanはOMAを日本に導入するプロジェクトです。OMA Japan 代表であり、マッケンのパートナーでもある輿石美和子さんが、アメリカ、オハイオ州マイアミ大学老年学センターのOMA創始者エリザベス(リカ)・ロコンと連携しながら日本へのOMA導入へ向け活動されています。
マッケンはOMA Japanの活動を支援しています。