キャリアの作り方

夏目漱石

みなさま

昨日(2017年6月29日)、マッケン・キャリアコンサルタンツ株式会社の第16期(2016年7月1日~2017年6月30日)における事業報告と7月1日からスタートする第17期の事業計画及び新たな中期計画(3ケ年)の方針を共有するキックオフミーティングを行いました。

2014年7月1日に事業を担い、瞬く間の3年間でした。この3年間で、多くの方のご支援と励ましを頂き、貴重な時間を積み上げてこられたこと、本当に感謝しております。
また、一方で民間企業での人事の経験しかない自分が、人材に関する実ビジネスの経営を行うことに対して十分な価値を提供できなかったことを振り返ります。それらの出来事、経験が深く自分の中に沈殿した朝を迎えました。

この3年間、転職・キャリアの転換に直面している皆様、クライアント企業の皆様、特に私と同じ人事の職務で組織課題に向き合っている方々、今まで縁のなかった大学で講座を担うことを励まし支援してくれた方々、授業を受けてくれた学生の一人一人、私の人事屋としての経験に声を掛けてくれた経営者の方々とその会社で共に仕事をしている同僚、そして、事業理念に共感し、一緒にビジネスを進めてくれているコンサルタント、パートナーの方からたくさんのことを学びました。

『・・・あせってはいけません、頭を悪くしてはいけません 根気づくでお出なさい、世の中は、根気の前に頭を下げることを知っていますが、火花の前には一瞬の記憶しか与えてくれません。うんうん死ぬまでおすのです。決して相手をとらえてそれをおそうなどと思ってはいけません。相手はあとからあとから我々の前に現れ、そうして、我々を悩まします・・』

夏目漱石が、療養先の修善寺から、芥川龍之介に送った手紙の一節です。35年以上前、受験生の時、現代国語の問題集の巻頭か、巻末に掲載されていて、それ以来、深く自分の脳裏に刻印されています。

今後も、事業を始めるにあたって自ら課した事業理念と向き合い、多くの方の助けを素直に借りて、急がず、しっかりと牛のように歩みを進めたいと考えております。
皆様のご支援、ご指導を賜りたく、なにとぞよろしくお願いいたします。

今日一日が良い一日となりますように、避けられない苦難と悲しみに向き合っている方に励ましがありますように。また、良い週末をお過ごしください。新しく始まる一週間が皆様にとって、豊かな一週間でありますように。

都内 上野にて 竹内上人

関連記事